私が高校時代にダイエットに成功した時の話

私が高校時代にダイエットに成功した時の話ヘッダー画像
私が高校時代にダイエットに成功した時の話メイン画像

私は、よく言うぽっちゃり体系でした。当時、私は多感なかつ花の高校生活を送っていましたが自分の姿がチビでデブなことをとても気にしていました。身長が高くないのに太っていたら、ただのビヤ樽だと思っていました。そして私は、身長が低いことは変えることができないけれど太っていることは自分で変えられると思いダイエットをすることを決めました。そして二カ月で私はダイエットに成功し、理想の体重を手に入れることができました。私のダイエット成功法は、犬でした。時間の許す限り私は、当時飼っていた犬をつれて散歩をしました。友達からのカラオケの誘いも断り、学校からは毎日まっすぐ帰り、急いで着替えを済ませたら犬を連れて散歩に行く。これを毎日続けました。一時間、一時間三十分、もくもくと歩きました。犬を連れていると途中であちこちの臭いを嗅いだり、ようをたしたりと立ち止まって待つこともありましたがいい話し相手になってくれました。私の一方的な話しかけでしたが。そして夕飯を普通に食べた後、今度は家の中で犬ともうひと運動。犬を追い掛けまわし家の中で走り回りました。父親からは、仕事で疲れているのに家の中でバタバタされると余計に疲れると文句を言われていましたが、聞いても聞こえないふりをして何とかやり過ごしていました。そして、お風呂に一時間ゆっくりと入り汗を流す。そんな毎日を過ごして二か月。私のダイエットは成功し、理想の体重を手に入れることができました。リバウンドもなく私はコンプレックスもなくなり高校生活を楽しむことができました。

新着情報

おすすめサイト

ページの上部へ
Copyright © 私が高校時代にダイエットに成功した時の話 All Rights Reserved.